リフォームQ&A

廊下が長くてムダに感じますが、リフォームで無くすことは出来ますか?


リビング内の動線(移動するルート)を取り込めば、廊下を無くすことは出来ます。

最近の家創りでは、廊下を作らないことが多いです。

これは家全体の断熱性能が上がったことも理由かもしれません。


昔は断熱性能が良くなかったので外気温を玄関や廊下の空間を作る事で多少の断熱の役割をしていたかもしれません。リビングが少しでも冷えない工夫として?

最近はリビング階段や廊下を取り込んだプランで子供さんと顔を合わせやすい間取りを希望される方が多いようです。コミュニケーションを気にされているのでしょうかね?一方で完全独立型のお家を希望される方もいらっしゃいますのでご希望によってといったところでしょうか?

廊下をデザインしたいのですが、飾り棚は歩くのに邪魔にならずに取り付け出来ますか?


壁の厚みが約11センチですのでそれ以下の奥行きでしたら取付できます。

もちろん、歩く時に邪魔にはなりません。


このように少しでも使っていないスペースを利用する事をニッチといいますが、最近ではニッチの棚を希望する方が増えてきています。玄関を入った正面に小さな棚をデザインしてお花を飾ったり、リビングとダイニングの壁に食器を飾ったり等、思い思いの飾り付けをするのも楽しいですよね。

いろんな場所に棚はつけられますので工務店や大工さんに相談して自分なりのオリジナル飾り棚を創ってみてください。

廊下に出ると寒いのですが、いい方法はありますか?


一番良いのは、お家の断熱計画を再検討する事でしょうか?昔の建物の考え方は、局所暖房といって人がいる場所だけに暖房器具をつけて暖を取るといった方法でしたが、最近ではお家全体を同じ温度に保ってご高齢者への体に負担の少ないお家の造り方が主流になってきています。


断熱材の量や場所をシュミレーションすることで、家中の温度をあらかじめ想定できる設計が出来ますので専門家に相談してみてください。断熱工事の費用負担が大きすぎる場合は、冷気の流れをチェックし、風上となる場所に蓄熱式の暖房機を入れることもひとつの方法かもしれません。

階段の電球が取り替えられません。どうすればよいですか?


電動式で照明器具が下がってくるものもありますが価格的に現実的ではないかもしれません。照明レイアウト(配置)を再検討する事をお勧めします。壁からの照明をメインとし、ダウンライトが必要な場合は、電球が長持ちするLED等がお勧めです。また、掃除や電球交換の時に簡単に板等を渡せるような仕組みを工務店さんに相談してみるといいアイディアが出るかもしれませんね。

暗い階段なので明るく出来ませんか?


階段は、多くの壁に面していたり、上部を使っていないことが多いと思われます。窓を取り付けたり天窓を付ける方法で明るくする事は可能ではないでしょうか?お隣さんの窓の位置も注意しながら光の取り入れ方を考えましょう。また、お掃除のしづらい場所でもあるので掃除回数が少なくても良い曇りガラス等もお勧めです。

階段を利用して収納は作れますか?もったいない気がして・・・


出来ますよ。いいアイディアです。段の下を引き出しにしたり木材を格子に組んでリビング階段などにした例があります。狭いスペースでアイディア次第で有効利用できますので、遠慮なく希望を相談してみてください。
プロは、そんな要望にもやる気を感じるものです。

階段が急なので段数を増やして緩やかに出来ますか?


階段を登りきった場所と降りきった場所に十分なスペースがあれば可能です。住宅の階段数は13段から15段といったところでしょうか?13段ですと高齢者にはかなり急に感じるかもしれません。手摺があっても一段一段、確認しながら降りるようですね。15段になりますとかなりゆったり、安心感のある階段になります。


間取りを優先して少しでも無駄を省いていきますと階段数が減ってくる現象があります。スペース的に厳しいい場合は、踊り場に段数を増やすか、回り階段としてみるのも工夫のひとつです。但し、回り階段の場合荷物を運ぶ時の不便さが生じることも覚えておいてください。

古民家に住むには、快適性を求めてはいけませんか?


そんなことはありません。古民家であっても現在の耐震基準に併せて構造補強を行い、断熱性能を上げて作られたお家は数多くあります。古民家の持っている雰囲気や色調を残しつつ、現在の技術を融合させた・・・夏、涼しく。冬、暖かい古民家もありますのでご希望を相談してみてください。


忘れないで欲しいのは、古民家は面積が大きい分、要望を全て盛り込むと、思ってもいなかった金額が出てしまうことがあるのでより慎重に検討していってください。

古民家って何百年も建っていると聞きましたが、丈夫なんですか?


当時の建物の考え方は、建物は石の上に建てて、地震が来たらお相撲さんが四股を踏むようにドタン・バタンはするものの建物自体【柱や梁など】は形を崩さない【ぎしぎしときしむ音はしますが】ゆりかご状態で維持するといった考えで作られています。


現在の建物は、基礎と建物は一体とし、建物自体も固く固めて力が加わっても変形しないといった考え方で作られています。当然、揺れ方も違ってきます。そのことを承知の上で古民家で生活をしましょう。しかも、間仕切壁が少なく障子や襖で仕切られているお家が多いので地震時には家具等は簡単に移動すると思われます。地震時の安全を考えた家具配置等をお勧めします。

古民家に住みたいのですが、どんなところを確認すればいいですか?


一番は生活スタイルが合致するかです。古民家は間取りの大きなものが多いと思われます。大家族として作られた古民家に少人数で生活する場合、必要な部屋と使わない部屋が出てくるケースがあります。

使わない部屋はどうするのか?使う部屋はどうリフォームするのかをはっきりと決めてから住み始めないと生活に無駄が出たり戸惑いを感じストレスになるようです。便利さを何処まで求め、不便さを楽しめる人こそ古民家リフォームして新たな生活をスタートさせることをお勧めします。

耐震リフォームの補助金ってあるんですか?


地域によって差がありますが多少の補助金はあると思われます。

耐震診断【調査】の補助金やリフォーム工事の補助金、地域産木材を使用した場合の補助金等、住宅改修の補助金も数多くあると思われますので、併用しながら補助金申請をしていく方法も良いかと思います。

詳しく知っている専門家に相談してみてください。思わぬところで工事費の負担が軽くなるかもしれません?

耐震補強をすれば、地震が来ても大丈夫ですか?


耐震工事をすれば、建物の強度は上がります。地震で完全に安全かといわれれば完全ではありません。地震で怪我をするケースの原因に家具の下敷きになったとか、廊下がふさがれてしまって逃げられなかった、火をつけっぱなしで火災になった等があると思われます。

地震そのものが原因で怪我をするケースは、それほど多くないと感じています。家具のレイアウトを安全対策として考えておく。収納や納戸にまとめて整理する。廊下に必要でないものは置かない等、生活スタイルに気をつけることも必要になります。


また、どうしても防ぐことが出来ないのは、建物の下に断層が入っているといった場合でしょう。これについては過去の地震のデータ等を調べておく必要がありますが、はっきりと把握するのは難しいこととなるでしょう。地震が起きた時に大切な事は、身の安全を確保でき、安全な場所に避難することと考えておいてください。いつ起きるかわからない地震であっても、日頃から非難できる経路は確保しておきましょう。

屋根が重いと危険だと聞きました。瓦を葺き替えたほうが良いですか?


単純に瓦屋根だから危険だとは言い切れません。建物は構造的なバランスが大事と考えられます。柱が少なく屋根が重いような場合は明らかに危険だといえるでしょうが、屋根の重さをバランスよく柱や梁に伝えるような考え方で造られているお家は安心してください。

増築等により、建物のバランスが徐々に変わってきた場合は、専門家に相談し、ガルバリューム屋根にする事もお勧めかもしれません。地盤が揺れ易い地域などで過去の地震で瓦屋根が落ちているといった情報がある地域ですとガルバリュームに葺き替えることも検討してみてください。

ハウスメーカで建てたものを地域の工務店で増築できますか?


ハウスメーカーは独自の認定工法で建てている場合が多くあります。その場合、構造体が一体になる増築方法は、ハウスメーカーでないと出来ないケースがほとんどでしょう。


気をつけていただきたいのは、ハウスメーカーだけにしか増築が出来ないとなると多額の見積りが出てくる可能性があるということです。知識のある工務店であれば、いろんなアイディアを出してくれるところもあります。当社の事例でご紹介しますと多少間取りを変更し、ハウスメーカーの見積価格の6割で施工した例もありますので簡単にあきらめずに信頼できる工務店に相談して見ましょう。

今の平屋部分に2階の増築は出来ますか?


出来ないことはありませんが、工法により費用がかかったり、安く出来たりします。
一般的な木造住宅の軸組み工法では、再度構造的な検討をし、安全が確認されれば比較的簡単に2階を増設できるでしょう。ハウスメーカー等の増築では、認定工法といってそのメーカー独自の構造基準で安全性を確保するために他社の参入が出来ないような仕組みになっています。


その場合の注意点はコストです。他社が施工できないためにコストはハウスメーカーの独断で決められます。どうしても2階の増築にこだわらない場合であれば他社での施工も可能性が出てきます。また、コンクリート造や鉄骨造の住宅は、あらかじめ構造計算を行っていますので構造計算に沿って2階の増築が可能か?それとも補強が必要かなどが判断されます。安易に増築し、耐震性を悪化させることだけは無い様にしてください。

お風呂が古いので、収納に変え、離れた場所にお風呂を増やしたいのですが、気をつけることは?


お風呂を収納にする場合の注意点は、今までの湿気が残るかどうかを考えてください。

水場として排水があった場所なので排水処理をきちんとして水分が上がってこないようにした上で収納を作ってください。また、離れた場所に浴室を設けることのデメリットは、給湯器からの配管の長さです。

給湯器に直結の場合は、すぐに暖かいお湯が出ますが、配管が長い場合は、配管にたまった冷たい水が出終わってから暖かいお湯が出てきます。費用的に余裕がある場合は、お風呂用にもう一台、給湯器をつければいいのですが、なかなかそうも行かないケースがありますので、よくお考えを!

子供部屋を新たに二部屋作りたいのですが、どれくらいの費用や手続きが必要ですか?


増築となりますと10㎡以上になる場合は確認申請を出さなければなりません。(地域によっては、全て出すようになります。)

6畳ひとつが約10㎡ですので確認申請を提出する必要があります。

その場合は、今まで住んでいる住宅の構造基準を現在の構造基準に合致させる必要が出てきます。

ここで必要になるのは、役所への事前調査と現在の建物の調査です。専門家に一度調べていただいてからの判断をお勧めします。工事費用については、トイレやキッチン、お風呂等の水場と違って費用は比較的低く抑えられると思います。

二世帯にリフォームしたいのですが、生活時間帯の違いが気になります。いい方法はありますか?


生活時間帯が違うというところに気がつかないで工事してしまうケースはよくあります。
工事が終了した後の生活でご家族が我慢をしすぎて、どちらかが出て行ってしまったといった話も聞いたことがあります。リフォーム前の検討はかなり重要だといえますね。

若いご家族とご高齢のご夫婦では、就寝時間や食事等も違ってきます。就寝時間の違いについての対策としては、間取りの工夫が必要だと思われます。また、ご高齢のご夫婦の寝室に防音仕様を施すこと等もあります。また、食事の違い等は、ミニキッチンを設けて対応する事や、シャワールームで気兼ねなく入れる工夫等も行います。大切な事は、これから生活するご家族の要望を全て出し合い、お互いが納得し、進めていくことだと思います。家創りは、生活を快適にする事ですので・・・・

祖父母がどうしても今のお家をリフォームして住みたいといいます。大丈夫でしょうか?


お家は長く住んでいると思い出や愛着があるのは当たり前のことです。
多額のローンを払い手にした大切なお家です。その実績や成果を簡単に判断は出来ないでしょう。

ご家族でよく話し合いをする事をお勧めします。


そして、専門家にアドバイスを受けることも同時にお勧めします。

家族の感情や考え方を皆さんで出し合い、その後の生活でもコミュニケーションが取れる良い機会です。そして、専門家はお家を客観的に見る力がありますので思い入れと客観性の両方を検討しながら、新しい生活スタイルを作り上げてください。簡単にリフォームしてしまうのもひとつの方法ですが、大きなお金をかけて行うことですので住まいに住まわれる皆さんに幸せになっていて抱くために多少の時間は掛けてみてください。

新築か?リフォームか迷って判断がつきません。どうすればいいでしょうか?


お勧めしたいのは、現在の建物の調査を依頼する事です。信頼できる工務店や建築家は、建物の歴史を大切に考え、調査をし将来にわたりお家が安全で安心できる工事はどんなものかを提案してくれます。


住宅医という制度を知っていますか?お医者さんは人間の体の状態を診察し、健康な体にしてくれます。
住宅医は、お家の診察をし、丈夫で快適なお家の提案、工事をしてくれる建築のプロのことを示します。土台のどこを補修すれば、○年は大丈夫だとか、この柱は、シロアリに食われているので取替えが必要だとか、将来のキッチンは、こんなスタイルで、リビングの暖かさは、これくらいで・・・・などなど、ご要望も聞きながら提案をしてくれます。

是非、一度相談してみてください。

予算がないのですが、デザインリフォームは出来ますか?


まったく問題なく出来ます。
デザインと言う視点をどこに置くかで工事内容や方法はまったく違えることが出来ます。


弊社でよく行う手法ですが(企業秘密なのですが)、屋根を丸くする場合・・・幅の広い板に円を描き、描かれた円の部分だけを屋根の下地材に使います。
これだと高くなるので、円を分割し直線で結ぶことで円に見えるように作ります。一つ一つの部材は直線でしかも幅は狭くていいのでかなり安く出来ることになります。
コツは、手間をかけてでも材料費より安くなる場合は手間を選択し、材料費のほうが安く手間が高い場合は、それに合う材料を選ぶことに時間をそそぎます。
このような工夫があれば、安くていいものが出来上がります。色々な方法がありますので、工務店さんに聞いてみてください。

デザインリフォームって、高い材料を多く使えば成功しますか?


必ず成功するとは限りません。
例えば、外壁にボードを張って仕上げるとします。全て石張りにしたほうが上品でよく見える場合と一部の壁に木を張って変化させることで感じが良くなるといったケースもあります。
その場合、全て石張りより、木を使ったほうが価格は安くなるでしょう。
材料の使い分けだけをデザインと思ってしまうと工夫の範囲が狭まってしまいますが、本来のデザインは、リビングの天井をはがしてみたらまだまだ使える空間があったので梁を綺麗に細工し、開放的な空間を演出するとか、玄関の壁一面を収納にし、収納量を格段に増やしながら、収納扉のデザインで玄関の雰囲気を変えてみたりなどといった工夫を施すことになります。


機能と空間と色彩のコラボレーションといったところでしょうか?

デザインリフォームって高いんですか?


工事業者の選び方で変わってきます。リフォームも新築も工事をする前に業者選びをします。
設計事務所+工務店で行うケースとリフォーム業者に依頼するケース、工務店に直接依頼するケースと大きく分けて3種類でしょうか?

ビフォー・アフターのように設計事務所+工務店のケースは、設計料【費用】が別にかかります。リフォーム業者の場合は、デザインを何処まで行ってくれるのかを確認してください。(設計料は、かからないと思いますが、デザインといいながら工夫を感じられない場合に後悔しますので)工務店に直接依頼するケースは、工務店の組織体制を確認してください。

大工さんだけの工務店ですとデザインリフォームは難しいと考えたほうが良いでしょう。
工務店の中に設計者がいて、その設計者の実績や会社の工事実績等を見て決められることをお勧めします。
最近の工務店は、設計者が自ら行っているケースもあります。その場合は、設計料の有・無も確認して下さい。高いと感じるか?安いと感じるかについては、お客様の満足度次第です。ここまで打合せをして決めたいとか、この材料を工夫して盛り込んでもらいたいとか、リビングの天井は、平らではなく変化させたいとか、思っていることを真剣に聞いてくれる業者を探すことをお勧めします。


気に入った業者が見つかれば、お客様のリフォームは成功し決して高いと感じないことでしょう。

TVでビフォー・アフターという番組を見ました。あれがデザインリフォームですか?


「あれがデザインリフォームですか?」

「ほとんど壊して新しく作り直していましたが?」

とご質問頂きました。

あの方法が全てではありません。リビング一部屋だけを見違えるようにデザインし、心地よい空間を提供するのもデザインリフォームです。
今までの生活がリフォームすることで快適になり、くつろげることが第一条件でしょう。
その手法(工法)の中に様々な工夫がちりばめられ、見違えるようなお部屋になったり、狭いと思っていたリビングは、実はもっと広く使うことが出来たと気が付けたとか・・・・付加価値をデザインといっていいのでは?

どれだけの効果やメリットがあるのですか?


自然素材や地域産木材の利用は、各工務店の意識に違いで重要視しているところとしていないところに分かれます。
今までは国の政策もなく自由でした。この数年で省エネの考え方や環境への考え方を住宅にとりいえれる政策が作られました。
あくまで予測ですが、今後、主流になる住宅は自然素材や地域産木材を使用し、温度・湿度を管理できる住宅(温熱設計・パッシブハウス)を作る工務店とスマートハウスでエネルギーコントロールのする住宅が主流になることでしょう。住宅が出来て住んでみてから気がつく時代から、住む前の設計段階で冬や夏の室内温度・湿度が調整できる時代になります。


また、室内で必要なエネルギー(熱量)をスマートハウスでさらに節約するといった自然素材とハイテク技術を駆使した新しい技術が提供できることでしょう。興味のある方は、工務店さんに質問してみるのも面白いことでしょう。

地域産木材って高くないですか?


地域によって異なるのでしょうが、流通量が少ないために、秩父地域では1割程度高いようです。また、柱や床材によっても価格差はまちまちです。柱で比較してみますと40坪程度のお家で20万円ぐらい高かったことがあります。そこで、秩父産木材の補助金をお勧めして30万円ほど頂きました。10万円の差額をキッチンや浴室のグレードアップ使う事も出来ます。

また、木材利用ポイントを使われると30万ポイントぐらいは利用できるのではないでしょうか?設計担当者に計算とコーディネートしてもらい、上手に使われることをお勧めします。お家を建てて、環境にも貢献できるのですから・・・

自然素材を使うメリットとデメリットは?


メリットとしては・・・

①室内に入るときの匂いが良いといわれる方がいらっしゃいます。これは、癒されるメリットかもしれません。

②床が早く温まるという方もいらっしゃいます。合板フリーリングの床と無垢材(木材)の床の二室を張ってみたお客様からの意見です。

③イオン分解する漆喰もあるようです。空気中の不純物を吸着し、分解すると説明を受けていますが、実際に使用されたお客様からはアレルギー・花粉症等が和らいだと報告いただきました。


デメリットとして・・・

①完成後、数ヶ月して床材の目地が広がったといった話しもあります。自然素材の場合は伸び縮みが季節や室内の温湿度の変化で起きます。

②無垢材(木材)は、傷がつきやすいという点もあります。合板より表面の強度が低いため、物を落とした場合に凹み易いです。回復能力もあるので水分を少し与えて、乾燥してくると元に戻ることもあります。

③漆喰の壁は、ひび割れが入ることがあります。吸湿・乾燥を繰り返しているためひび割れが起きます。ひび割れの程度は髪の毛の太さですが、3ミリ、5ミリと広がっていく場合は、漆喰壁の影響ではなく、構造体(柱や梁など)の原因があるので至急相談してみてください。

冷え性なのですが、体に良い建築材ってあるんですか?


ちょっと変わった例ですが、うずくりの床材等がいいかもしれません。
無垢材(木材)を平らに加工するのではなくでこぼこのまま床に張ります。無垢材は保温性も高いので足がヒヤッとすることも少ないようです。さらに足つぼを刺激するといった材料です。

シックハウスに敏感なのですが、自然素材で快適に暮らせますか?


使う素材次第だと思います。花粉症でも桧花粉やスギ花粉など人によって症状は違うように、建築素材もお客様によって合うものと合わないものが在ります。

こんな方法で確かめています。お客様が就寝されるときの枕元に建築素材を置いてもらいます。
頭が痛くなったり睡眠が十分取れないような場合は、お客様に向いていない素材とさせていただきます。
心地よく睡眠が取れた素材を優先的に検討していただきます。

リビングに収納スペースが取りきれないのですが、他に収納は出来ますか?


先ずは、押入れや階段付近を見直してみてください。廊下とリビングの間仕切りとして押入れがあるような場合は、チャンスです。真ん中に間仕切りをし、両側から押入れを使うことにより、片側90センチの奥行きで使いにくかった部分も両側にする事で有効に使える場合があります。また、階段の下部が意外と使われていない場合があります。そこにもチャンスがあります。そのほか、天井裏にロフトを作るとか、床下収納等もどうしても必要な時は、検討して下さい。出し入れに苦労する場所なので収納場所の優先順位も決めておきましょう。

WEBからのお問合せはこちら
  • 当社へのアクセス
  • 当社からのお知らせ

建築に関するお問合せや資料請求などお気軽にお問合せ下さい。

住宅の建設はもちろんのこと、工場の新築・改修、店舗の改装などお気軽にお問合せ下さい。

秩父市の新築なら丸山工務店にお任せください!

家づくりの「本当のこと」当社がスーパー工務店として本書に紹介されています!

PAGE TOP