秩父市のリフォームなら埼玉県秩父市の 株式会社丸山工務店 / MYワークス設計室

リビング・内装リフォームの疑問解消教室

リビングリフォームのチェックポイントはここです!

リビングリフォームのチェックポイントはここです!

先ずは、どんな部屋にしたいかを考えましょう。
特にリビングは、家族の皆さんが使われる部屋です。
皆さんの要望を箇条書きにしてみてください。

耐震性は?収納量は?こんな使い方がしたいとか?花粉症だから、漆喰がいいかな?などなど・・・
そして、設計担当者に相談してください。

図面を前にして何度か打合せを重ねることで、本当に必要な物と不必要なものがわかるようになります。

家族の意見も出尽くし、案がまとまってきたらコストとの比較をし、工事を開始しましょう。
他人任せにして後悔をしないようにしてください。

リビング周りのよくあるご質問

デッキ、パソコンなどでコンセントが足りません。増やせますか?

今現在の配線の経路を調べます。どの線から分岐させるのが効果的かを考えて増やしていきます。
一日の生活で何処の電気を多く使うのかをあらかじめ予測して、ブレーカ内の各配線ルートを振り分けます。この振り分け方を間違えるとブレーカーが何度も落ちてしまったりする事があります。また、コンセントを増やし、電気容量を多く使うようでしたら契約電力の変更もお勧めします。

リビングのリフォームでは、必ずインテリアの移動をしなければ出来ませんか?

移動する事をお勧めします。工事中は、いろんな職人さんが作業を行います。
家族の大切なもの等が置かれてもうっかり落としてしまったり、傷つけてしまったりすることも考えられますので、一時、他の部屋に移動をお願いします。

LDKといってリビング・ダイニング・キッチンを一緒にしますがメリットは?

一緒でも個別でもご家族の利用し易いほうでご検討ください。
料理をする奥様と食事をするご家族の受け渡しが容易なのが、オープンキッチン・セミオープンキッチンのスタイルでしょう。料理後の後片付けやゴミ等を見られたくない方には、キッチンを分けるほうがいいでしょう。リビングについてもダイニングで食事をしてすぐにくつろぎたいと思われる方はLDKのつながっているプランを。食事とTVは別にと考える方には、部屋を分けても良いのでは?

リビングにダウンライトが欲しいのですが、つけられますか?

コンセント増設同様に取り付けられます。
配線ルートを調べて無理の無い配線計画でダウンライトを増やしていけます。


気をつけていただきたいのは、今まである照明の明るさを忘れてしまってダウンライトだけを考えないで下さい。ゆったりとした雰囲気のためにダウンライトを増やすのでしたらスイッチを2系統に分けることをお勧めします。

書類等を書く場合は、全ての照明がつき、雰囲気を楽しみたい場合は、ダウンライトだけがつくようにする。いろんなお部屋の雰囲気が味わえるように考えるのもいいかもしれませんね。

床暖房は、どんなものが良いのでしょうか?

工事費用がお安いのは、電気式でしょうか?ランニングコストは、電気式がかかるようです。断熱(保温)工事と日中の日差しの取り入れ方等で床暖房を使う頻度は違ってきます。
床暖房を頻繁に使うような状況のお家では、灯油やガスの暖房をお勧めしますが、最近では価格高騰なので慎重に検討して決定してください。また、一日数時間しか床暖房を利用されないお家では、電気で十分ではないでしょうか?太陽光等と併用するのであればお勧めでしょう。

リビングには、どんなクロスが似合いますか?

家具やインテリアの色合いをチェックしてみてください。
同系色でまとめるのか?反対色でインパクトを求めるのか?お客様の好みによって提案してくれる工務店もある事でしょう。時間のあるときにいろんなお店等を見て、こんな雰囲気といってイメージを伝えると設計担当者もイメージがつかみ易いと思います。是非、思っていることを話してみてください。

リビングがいつもごちゃごちゃ。リフォームしたら片付いた状態に出来ますか?

収納の量が正確につかめてリフォームできれば、片づけが出来ると思います。
リビングに収納が少なかったり、窓ばかりで物を置くスペースが確保されていない場合は、生活しているうちにごちゃごちゃになってきます。物を片付けるべき所を決めて十分入るスペースを確保してあげることで片付けは出来ると思います。そのためには、収納量をチェックしてみてください。

床や壁のリフォームは、何年ぐらいをめどに考えたほうがいいのですか?

床は、表面が削れてささくれだって来る前がいいでしょう。歩いていて怪我をされてはいけませんので。また、床だけではなく床下地に異常が出る場合もあります。歩いて床から音がしたり、沈み込むような感じがした場合は、工務店に点検をお願いしてみてください。


早く気がつけば、簡単な補修で済むこともありますので。壁も同様に表面がはがれてきたり膨れてきたりしたら張替えの時期でしょう。短期間ではがれやふくれが起きるような場合は、寿命ではなく他に原因がある事がありますので工務店に相談してみましょう。壁下地については、ほとんどメンテナンスがないと考えてもいいかもしれません。床と違って常に重みを加えられる場所ではないので、異常が起きる場合は建物に何かストレスが溜まっている状態と考え、早めに信頼できる工務店に調査依頼をお勧めします。

リビングを仕切りたいのですが、どんな方法で仕切るのが良いですか?

将来も含めた使い方を再度検討してみてください。たたみを敷き、客間として利用したいような場合は、固定の間仕切りと建具等が必要となるでしょう。
一時的に仕切りたいような場合は、可動式に間仕切りを設置することも出来ます。

使い勝手を相談してみてください。いろんなアイディアが出てくると思います。

リビングに収納スペースが取りきれないのですが、他に収納は出来ますか?

先ずは、押入れや階段付近を見直してみてください。廊下とリビングの間仕切りとして押入れがあるような場合は、チャンスです。真ん中に間仕切りをし、両側から押入れを使うことにより、片側90センチの奥行きで使いにくかった部分も両側にする事で有効に使える場合があります。また、階段の下部が意外と使われていない場合があります。そこにもチャンスがあります。そのほか、天井裏にロフトを作るとか、床下収納等もどうしても必要な時は、検討して下さい。出し入れに苦労する場所なので収納場所の優先順位も決めておきましょう。

WEBからのお問合せはこちら
  • 当社へのアクセス
  • 当社からのお知らせ

建築に関するお問合せや資料請求などお気軽にお問合せ下さい。

住宅の建設はもちろんのこと、工場の新築・改修、店舗の改装などお気軽にお問合せ下さい。

  • リフォームQ&A
  • 丸山工務店 代表 廣瀬正美のブログ
  • 秩父市の新築なら丸山工務店にお任せください!
  • 家づくりの「本当のこと」当社がスーパー工務店として本書に紹介されています!

PAGE TOP