秩父市のリフォームなら埼玉県秩父市の 株式会社丸山工務店 / MYワークス設計室

デザインリフォームのの疑問解消教室

デザインって良く使われる言葉ですがどんな意味?…チェックポイントはここです!

デザインって良く使われる言葉ですがどんな意味?…チェックポイントはここです!

お家やリフォームの工事の方法は様々です。
生活に必要な場所に窓をつけたり、扉をつけたり、天井の高さは、何処の部屋でも同じ。床の色は全て同じ色。などなどあまり意識しないで作る方法もあります。

その一方で、せっかく創るのだから・・・窓の高さは、外から見て揃っているほうが綺麗よね。扉の高さもそろえましょう。
天井の高さは、納戸は使える高さぎりぎりまで低くていいけど、リビングはくつろぎたいので吹き抜けか高い天井が欲しい。床も子供の好みで変えてみるのも面白いかな?などなど・・・

成り行きで出来てしまっても住まいには違いありませんが、工夫する事で空間にゆとりが生まれたり、生活が楽しくなるような作り方をする事をデザインといっているのではないでしょうか?

工務店やハウスメーカー等の考え方で工夫の度合いや作り方の種類等も様々です。
実際に行った工事を見学し、感動した会社を選ぶことをお勧めします。

デザインリフォームの良くある質問

TVでビフォー・アフターという番組を見ました。あれがデザインリフォームですか?

「あれがデザインリフォームですか?」

「ほとんど壊して新しく作り直していましたが?」

とご質問頂きました。

あの方法が全てではありません。リビング一部屋だけを見違えるようにデザインし、心地よい空間を提供するのもデザインリフォームです。
今までの生活がリフォームすることで快適になり、くつろげることが第一条件でしょう。
その手法(工法)の中に様々な工夫がちりばめられ、見違えるようなお部屋になったり、狭いと思っていたリビングは、実はもっと広く使うことが出来たと気が付けたとか・・・・付加価値をデザインといっていいのでは?

デザインリフォームって高いんですか?

工事業者の選び方で変わってきます。リフォームも新築も工事をする前に業者選びをします。
設計事務所+工務店で行うケースとリフォーム業者に依頼するケース、工務店に直接依頼するケースと大きく分けて3種類でしょうか?

ビフォー・アフターのように設計事務所+工務店のケースは、設計料【費用】が別にかかります。リフォーム業者の場合は、デザインを何処まで行ってくれるのかを確認してください。(設計料は、かからないと思いますが、デザインといいながら工夫を感じられない場合に後悔しますので)工務店に直接依頼するケースは、工務店の組織体制を確認してください。

大工さんだけの工務店ですとデザインリフォームは難しいと考えたほうが良いでしょう。
工務店の中に設計者がいて、その設計者の実績や会社の工事実績等を見て決められることをお勧めします。
最近の工務店は、設計者が自ら行っているケースもあります。その場合は、設計料の有・無も確認して下さい。高いと感じるか?安いと感じるかについては、お客様の満足度次第です。ここまで打合せをして決めたいとか、この材料を工夫して盛り込んでもらいたいとか、リビングの天井は、平らではなく変化させたいとか、思っていることを真剣に聞いてくれる業者を探すことをお勧めします。


気に入った業者が見つかれば、お客様のリフォームは成功し決して高いと感じないことでしょう。

デザインリフォームって、高い材料を多く使えば成功しますか?

必ず成功するとは限りません。
例えば、外壁にボードを張って仕上げるとします。全て石張りにしたほうが上品でよく見える場合と一部の壁に木を張って変化させることで感じが良くなるといったケースもあります。
その場合、全て石張りより、木を使ったほうが価格は安くなるでしょう。
材料の使い分けだけをデザインと思ってしまうと工夫の範囲が狭まってしまいますが、本来のデザインは、リビングの天井をはがしてみたらまだまだ使える空間があったので梁を綺麗に細工し、開放的な空間を演出するとか、玄関の壁一面を収納にし、収納量を格段に増やしながら、収納扉のデザインで玄関の雰囲気を変えてみたりなどといった工夫を施すことになります。


機能と空間と色彩のコラボレーションといったところでしょうか?

予算がないのですが、デザインリフォームは出来ますか?

まったく問題なく出来ます。
デザインと言う視点をどこに置くかで工事内容や方法はまったく違えることが出来ます。


弊社でよく行う手法ですが(企業秘密なのですが)、屋根を丸くする場合・・・幅の広い板に円を描き、描かれた円の部分だけを屋根の下地材に使います。
これだと高くなるので、円を分割し直線で結ぶことで円に見えるように作ります。一つ一つの部材は直線でしかも幅は狭くていいのでかなり安く出来ることになります。
コツは、手間をかけてでも材料費より安くなる場合は手間を選択し、材料費のほうが安く手間が高い場合は、それに合う材料を選ぶことに時間をそそぎます。
このような工夫があれば、安くていいものが出来上がります。色々な方法がありますので、工務店さんに聞いてみてください。

WEBからのお問合せはこちら
  • 当社へのアクセス
  • 当社からのお知らせ

建築に関するお問合せや資料請求などお気軽にお問合せ下さい。

住宅の建設はもちろんのこと、工場の新築・改修、店舗の改装などお気軽にお問合せ下さい。

  • リフォームQ&A
  • 丸山工務店 代表 廣瀬正美のブログ
  • 秩父市の新築なら丸山工務店にお任せください!
  • 家づくりの「本当のこと」当社がスーパー工務店として本書に紹介されています!

PAGE TOP