秩父市のリフォームなら埼玉県秩父市の 株式会社丸山工務店 / MYワークス設計室

外壁・屋根リフォームの疑問解消教室

外壁・屋根のチェックポイントはここです!

外壁・屋根のチェックポイントはここです!

常に風雨にさらされる厳しい条件の外壁や屋根は、材料選びが最も重要と成ります。

耐久性、耐光性はもちろんのこと、汚れにくい材料や色柄を選ぶことをお勧めします。次に大切な事は、職人さんの技術です。

材料の取り付け方の間違いにより雨漏りをしたり、取り付けビスの選定を間違ったことでカビが発生したりする事もあります。

施工実績や評判を確認した上で信頼できる会社や職人さんに工事を依頼しましょう。

外壁塗料の選び方

外壁の劣化には、塗装リフォームを施しますが、塗布する塗料によって特徴が大きく異なります。ひとまず安価に済ませたいのなら、ウレタンやアクリル塗料を用います。その分、耐久年数が短いので、短期間で再度外壁塗装をするケースもあるそうです。最近ではコストパフォーマンスの良さからシリコン塗料をご選択される方が増えています。その他より高機能な塗料として、フッ素や無機塗料などがございます。初めての外壁リフォームで、なるべく長い期間かつローコストで済ませたい場合は、シリコン塗料をお勧めいたします。

チラシ掲載商品 選びやすく分かりやすいパックプランのご提案

外壁・屋根リフォームのよくあるご質問

外壁ってどんな材料があるんですか?

大きく分けて4種類でしょうか?

①ボード系の材料として良く見かけるものにサイディングがあります。石目や木目の模様や吹付け風など多彩なデザインがあるため多く使われています。

②耐久性がよくなり安価と言うこともあり最近多く使われ始めているのが、ガルバリューム鋼板です。重量も軽いので建物への負担も少なく、デザインも波型や凹凸など数種類から選ぶことが出来ます。

③モルタル塗り壁+吹きつけといった昔ながらの外壁もあります。昔のように竹で編んだ下地に土壁を塗る仕上げ方は減りましたが、防水紙にラス金網を張りモルタルを20ミリ程度塗り、吹付けで仕上げる外壁は、どこか風合いを感じるものとして根強い人気です。

④木を使った外壁も最近少し見かけるようになりました。板の張り方は数種類あるのですが、和風に仕上げたり洋風に仕上げたりと工夫を凝らしているものを多く見かけます。気をつけて使いたいのは、水の切れ易い貼り方と木材の塗料を吟味することです。木材の性質を正確に捕らえないと思わぬ事故になることも考えられます。その他、ALC版といって軽石状で気泡を含んだものや金属板に断熱材が張り込まれたものなどもあります。各種の特徴を理解してお選びください。

外壁は何を基準に選べばいいのですか?

メンテナンスが楽なものは、サイディングでしょうか?雨でぬれても自動的に洗浄できるものもありますし、厚みが14ミリ以上あると耐久性にも安心感がありますよね。デメリットは、重量がある事でしょうか。
地震時に崩壊してしまうほど重いわけでは有りませんが、建物に多少の負担がかかります。

10年程前からメンテナンスフリーといわれてよく選ばれている外壁材として、ガルバリウム鋼板があります。錆びない【10年保証つき】で軽量、安価なところが人気を呼んでいるようです。
建物のデザインに変化をつけたい方にもお勧めでしょうか。
取り付け方法や材料の端の処理【小口】に注意が必要です。小口に常に水がたまるような使い方ですと錆は発生してしまうでしょう。施工業者の選定をしっかりしておきましょう。

モルタル+吹き付けなどの外壁は、寒い地域ではあまりお勧めが出来ません。
冬季に水分が外壁に浸み込み、内部で凍結する等の事故を起こしやすいからです。
内部で凍結しますと外壁にひび割れ、剥がれなどが発生し、雨漏り等の原因にもなります。
また、見逃しやすいのが断熱性能を確認した上で外壁材を選ぶことではないでしょうか。外壁材そのものに断熱性を持っているものもありますが、十分な断熱性能をクリアしているか業者さんに確認してください。

いろんなチラシが入りますが、外壁のリフォームって何処に頼んだらいいのですか?

リフォーム会社、工務店、塗装専門業者などさまざまな会社があります。勘違いされている方が多いと思われますが、塗装工事は意外と手間のかかる仕事です。

綺麗に養生をし、ご近所に迷惑のかからない工法や工事の進め方を行っている会社なのかを確認してください。
今までの実績を聞いてみてください。しっかりと調査をし、説明の出来る会社に依頼してください。塗装の状態が悪いと2・3年で塗装が落ちてきてしまう場合があります。信頼できる会社なのか?今までの実績で間違いが無いのかを確認してから依頼をしましょう。

外壁の塗り替えにあった時期とは、いつごろでしょうか?

季節と言う意味では、天候が安定している時がいいでしょう。長雨の時期や朝晩の寒暖の激しい時期などは、それに適した材料を選定すればOKなのですが、下地塗りの乾燥状態や中塗りの施工状況等の確認がしやすいのは、天候が安定している時期となります。

工事期間と天気予報を確認し、工事の日取りを決めて無理の無い工事をお願いしましょう。

外壁を塗装するのですが、門扉やフェンス等も一緒に塗装した方がいいでしょうか?

一緒に塗装し、出来上がったときのお家の印象は、とても良いと思われます。
塗装の種類や何に塗装するかによってメンテナンスの時期はまちまちです。
全て同じ時期に成るとは限りませんのであまり意識せずに必要なところを順序良く塗装(リフォーム)していくことがお家を長持ちさせるポイントかもしれません。

サイディングは数年後、張り替えなければいけないのでしょうか?

塗り替えればOKです。
サイディングにひび割れが出ていたり、われて剥がれ落ちたりしていない場合は、塗り替えをします。
表面の保護として塗装を行い、サイディングそのものには手を加えません。

塗り替えと同時にチェックしておきたいのがサイディングのコーキング目地(シール)です。
寿命的には、7年から10年が目安なのでその時期と重なる場合は、塗装と一緒に行うことをお勧めします。
理由は、共に足場が必要なので同時に行うことで兼用できます。

外壁の塗装をしないでいるとどんなことに成るのでしょうか?

塗装は保護皮膜ですので母材(外壁材そのもの)を風雨より守っています。
皮膜がはがれると雨水を浸入させてしまいます。
それにより、雨漏りが発生したり、断熱性能を悪くする事もあります。
定期的に塗装の状態を確認してリフォーム時期を考えましょう。

塗装で注意する状態は、3種類・・・・

①以前より塗装面に艶がなくなってきた。
②塗装面を指でこすってみたら白いものが手についた。
③塗装面がひび割れし、ぱりぱりと剥がれてきた。などです。


①は、経過をよく見て置いてください。
②は、再塗装の時期を判断してください。(塗装としての効果が期待できない状態)
③はすぐに再塗装にかかってください。塗装皮膜が完全に劣化しているので、今までの塗装面を除去してからの再塗装となります。

出来れば、②の状態で再塗装を行いたいものですね。

雨漏りを止める方法【コツ】ってあるんですか?

雨漏りの原因は、大きく分けて二つあります。ひとつは、納まりといって部材の組み合わせでお家は創られています。
雨水が常に溜まっている状態【場所】を作らない工夫をする事です。
もうひとつは、部材と部材のつなぎ目に使われている材料の劣化に注意する事です。


具体的な例でお話しますと、バルコニーからの雨漏りの場合、原因として考えられることは、
①排水口にゴミ等が詰まっている場合。
②排水口が小さくて水が溜まってしまう。
③排水口と防水の接続が悪く水が浸入してしまう。
などがあります。


これは、水が常に溜まることを予測して対応した作り方になっているかどうかで雨漏りを防ぐことが出来ます。
オーバーフロー管といって小さなパイプがバルコニーから出ているのを見かけたことはありませんか?
サッシュの高さより少し低い高さに取り付けます。排水口が詰まってもオーバーフロー管が水を流してくれるのでお家の中まで水は入ってこないようにします。


また、材料の劣化の例としては、外壁と外壁をつないでいるコーキングが劣化しひび割れが生じて雨水がお家に浸入する事があります。
この場合、外壁が屋根から基礎まで他の部材と重なり合わなければ、それほど心配はありません。
途中にバルコニーがあったり、庇が合ったりするとそこに一時的に雨が溜まりお家の中まで浸入してきます。


このように、雨が上から下へスムーズに流れるように作られていることで雨漏りは起きないように出来ます。

塗装には、どんな種類があるんですか?

塗装材は、材種によってに種類が異なります。
鉄に塗るにはオイル系、ウレタン系の塗装材が多く使われます。
木材には、水溶性や揮発性、浸透性の塗装材などが使われます。


ボード材・外壁材などは、室内のものと室外のもので塗装材が変わります。
鉄には鉄を保護【錆等から守る】するため、水性ではなく油性や防水性能のあるウレタン系が使われます。
木材には、木材内部までを保護する場合は浸透性のものを使用します。
表面だけでよい場合は、水溶性でも使用することが有ります。
室内では、雨・風等の心配がないため水溶性などが多く使われます。
室外は、条件が厳しいので強い幕になるような塗装材を使用します。

ウレタン系などの防水機能があるものやあらかじめ工場で接着性を浴した塗装を行うこともあります。
特徴と使用場所の表示した資料があると思いますので業者さんに確認してください。

外壁の張りかえってどんな時に行うのでしょうか?

サイディングやガルバリューム鋼板などは、部材そのものにひび割れや穴、そり、曲がり等が出ていない場合は貼りかえる必要はありません。
表面材の痛み具合を見て、塗装で処理できる程度だと思われます。
木材を外壁に使用した場合は対処方法が様々となります。


木材そのものが腐ったり、割れたりした場合は張替えが必要ですが、表面の色落ち程度でしたら再塗装し、浸透させることでさらに長持ちします。

太陽光パネルを載せる場合に注意しておくことはありますか?

屋根の材質でパネルの取り付け方法が異なる場合があります。
屋根材にビスやボルトをつけて固定することになると思いますので詳しい工事方法を確認ください。
信頼できる業者さん、実績のある業者さんを探してお願いする事を勧めます。


万が一のトラブルがあった場合でもメンテナンスに責任の持てる業者さんであれば良いですが、雨漏りが発生しているのになかなか着てくれない業者さんですと生活に支障が出てしまいますのでご注意ください。

屋根って、何年ぐらい持つものなのでしょうか?

屋根材によって異なりますが、ガルバリューム鋼板は10年から15年で一度点検をお勧めします。
瓦材は、比較的(20年~30年)長持ちすると思われますが風の強い台風や豪雨のような台風時には瓦がずれていないか?物が飛んできて傷がついていないか?などを点検して見て下さい。


また、コロニアルなどの材については7年から10年の間には再塗装を検討されることをお勧めします。

屋根を葺き替えると成るとどんな工事方法で行われるのでしょうか?

今の生活をしながら工事を進めるにも、業者さんによって進め方は様々です。
天候を予測して大勢で一気に仕上げてしまう業者さんもいれば、仮設の屋根を作ってから現在の屋根をはがし、工事を進める業者さんもいるでしょう。

どちらの方法も不正解ではありませんが、業者さんの説明を受けてお客様の心配事が少ないと感じる方法で工事を行うことをお勧めします。
施工時間が短すぎて見落としをする危険性や、仮説の屋根があるという安心感で工事期間が長くならないように、希望もしっかり伝えましょう。

屋根工事の時の生活はどうなるでしょうか?

先ほどお話した、大勢で短期間で行う方法や仮設の屋根を作ってじっくり行う方法のどちらになっても屋根下のお部屋を使うことは避けたほうがいいでしょう。
1階部分だけで生活いただくか?アパートなどを短期でお借り頂き、家財道具の養生をしっかりとして工事完了を待つ方法の2種類の選択かと思います。


工事やお家が心配なので無理して1階で生活する事で帰って体調を崩されたといったことのないように十分吟味してください。

現在、雨漏りがして直したいのですが、完全に直るのでしょうか?

雨漏りの原因をはっきりと確認できれば、完全に直ります。
屋根の形が複雑で雨が漏っている場合には、屋根形状の変更を。屋根材の老朽化から雨漏りが出ている場合は、屋根材の取替えを。


その他の理由であっても原因さえつかめれば完全に治すことは出来ます。
そのような業者さんは雨漏りの原因をはっきりと説明できますので確認してから依頼をしてみてください。

隣に家が隣接しているので、瓦屋根にトップライト(天窓)は付けられますか?

寸法に多少の制限は受けますが取り付けは出来ます。


既製品のトップライトを使用したほうがコストを抑えられるので瓦の寸法に併せてトップライトの下地の寸法を決めていきます。
その寸法が決まりましたらトップライトの大きさも決まりますので、施工方法と合わせて確認してください。
屋根をはがしてからトップライトを注文する事のないように気をつけてください。

どんな屋根材がお勧めですか?

地域性によっても異なりますが、風の強い地域では、重みのある瓦屋根がお勧めでしょうか?
雨の音が気になる人にはガルバリュームの屋根は最初は気になるといわれるお客様もいます。
日差しの強い地域では、色褪せし易いコロニアルなどはメンテナンスに費用がかかりそうです。
地域や気候条件を考慮して最適と思われる屋根材を選んでください。


判断が難しい場合は、数多く地域で施工されている業者さんに相談する事をお勧めします。

WEBからのお問合せはこちら
  • 当社へのアクセス
  • 当社からのお知らせ

建築に関するお問合せや資料請求などお気軽にお問合せ下さい。

住宅の建設はもちろんのこと、工場の新築・改修、店舗の改装などお気軽にお問合せ下さい。

  • リフォームQ&A
  • 丸山工務店 代表 廣瀬正美のブログ
  • 秩父市の新築なら丸山工務店にお任せください!
  • 家づくりの「本当のこと」当社がスーパー工務店として本書に紹介されています!

PAGE TOP