秩父市のリフォームなら埼玉県秩父市の 株式会社丸山工務店 / MYワークス設計室

丸山工務店からのお知らせ

「建替え?それともリフォーム?」

本日は、新築とリフォームについて、お話しさせて頂きます。

日本では景気の低迷が長引いた影響もあって、新築住宅を建てるのをあきらめて中古住宅をリフォームして転居するというパターンがこの10年でかなり一般化してきています。

もちろん、先立つものさえ余裕があるのなら住宅は新居でしかも庭付き一戸建住宅が最高なのは当然です。

しかし、先行き不透明なこの時代、数年先に何が起きるか分かりません。

ほんの数年前には巨額の利益を挙げていた優良企業があっという間に経営不振に陥るのも珍しくないのが現代の世相です。
仮にいくばくかの貯金があったとしても、いざというときのために出費は1円でも多く抑えることが大切です。

余裕があるのにあえてリフォーム住宅を購入する人々は、先の先を見据えた選択結果であることが少なくないようです。
そして現在、リフォームブームに乗って実に多様でコストパフォーマンスに優れたリフォーム住宅が開発・販売されるようになり、かつての「仕方なくリフォーム」ではなく「積極的に選んだリフォーム」というファミリー層が急増していることも見逃せません。

ただ、リフォームのメリットは新築に比べてはるかに多いといえますが、これらはいずれも転居して新しいマイホームを購入する場合の比較であり、転居ではなく現在居住している住宅を取り壊して建直しをするかリフォームにするかというパターンでは、状況によって新築の方がベターという場合もあります。
たとえば、住宅が古くて耐震性に不安があり、建物の強度を補強する必要がある場合には、建物の構造自体から手を加える必要があるため、建直しとあまり変わりがない費用がかかってしまうことから、リフォームを断念して住宅を取壊し新築することを選択するパターンがほとんどです。
さらに、既存住宅の間取りを大幅に変える場合も、リフォームにしては費用がかかりすぎることが大半です。

要するに既存住宅の場合は小規模の変更ならリフォームで十分ですが、大改装となると新築の方が最善策となることが多いといえるでしょう。

皆様お家事でお悩みの際は、是非、丸山工務店までお気軽にご相談下さいませ。

坂本のおすすめ物件

20171226093029638_0001.jpg

記事カテゴリー
  • 新着情報
最近の記事
月別バックナンバー
2018年
2017年
2015年
WEBからのお問合せはこちら
  • 当社へのアクセス
  • 当社からのお知らせ

建築に関するお問合せや資料請求などお気軽にお問合せ下さい。

住宅の建設はもちろんのこと、工場の新築・改修、店舗の改装などお気軽にお問合せ下さい。

  • リフォームQ&A
  • 丸山工務店 代表 廣瀬正美のブログ
  • 秩父市の新築なら丸山工務店にお任せください!
  • 家づくりの「本当のこと」当社がスーパー工務店として本書に紹介されています!

PAGE TOP